one emerging possibility

気持ちのいい午後だった。日差しは柔らかく、空は澄んでいる。
ゆるやかな丘の草花を撫でて通り抜ける風は涼しく、いつまでもこうしていられそうだ。

丘の斜面に腰を下ろしていた『彼』は、立てた膝に両腕をもたれさせて、もう三十分以上ぼうっと景色を眺めていた。
眼下には小さな街並みが広がっている。
白い壁に青や緑の屋根、家々の間を抜ける曲がりくねった石畳。
中央には大きな建物があって、その側に寄り添う尖塔から真白い大きな鳥が一羽飛び立つのが見えた。

「……のどかだなぁ」
誰に向けるでもなく、ぼんやりと呟く。
ここから見える景色に変わりはない。
この島にやってきてから七年、ずっと同じ景色を、同じ温度の中で見ている。
きっとこの先も、同じ景色を見るのだろう。目元まで延びた緑色の長い前髪ごしに、ここ『イシャナ島』の景色を。

ふと、声が聞こえて、彼は力の抜けきっていた背筋を伸ばした。
声は自分の名前を呼んでいるようだ。となれば、声の主にあたりはつく。こんななにもない場所にまで、自分を探しに来てくれるような人はひとりしか知らない。

「カズマさぁ~ん」
のんびりと間延びした、緊張感に欠ける声が、丘の下から彼を呼ぶ。
やっぱりだ。
彼は――カズマ=クヴァルは、芝生の坂道を小走りに上ってくる姿に、わずかに口元を緩めた。

やってきたのはひとりの少女だ。
たっぷりとしたフード付きの黄色いマントを羽織って、大きな丸眼鏡をかけている。
フードからは柔らかなプラチナブロンドの髪がこぼれていて、その優しい色が彼女の新緑色の瞳によく似合っていた。

「ふふ、カズマさん、この時間はよくこちらにいらっしゃいますから。大正解でしたぁ~」
服をはたきながら立ち上がったカズマを見上げて、黄色いフードの少女、トリニティ=グラスフィールはにっこりと微笑む。
どこから走ってきたのか、決して運動が得意ではない彼女の息は少し乱れていた。そっと胸に手を添えて呼吸を落ち着かせて、トリニティはカズマのさっきまでの視線を追うように街並みへと首を巡らせる。

「綺麗ですよねぇ、ここから見えるイシャナは~」
ゆったりと、ゆったりと。
子守歌のような声色でトリニティが呟く。
カズマは返答らしいものを返さなかったが、彼女の感想に異はなかった。
イシャナは美しい。そして平和だった。
多少の小競り合いはあれど、危機らしい危機もなく、明日を当たり前に迎え、歴史を当たり前に重ねる、島の外の世界と同じように。
いつまでもここからの景色を眺めていられるように、世界の平和はいつまでも続くかのように思えていた。

「そういえばトリニティさん、僕になにか用があったんじゃ……?」
駆けてきた彼女は、自分を探しているようだったから。
カズマが問うと、トリニティはマシュマロのように白い指先を胸の前で合わせて目線を戻した。
「そうでしたぁ。私、カズマさんにお願いしたいことがあって。それで探していたんですぅ~」
「僕に……ですか?」
「はい。実は今度の、十聖の列聖式で使う法衣を作ってほしいと、お願いされまして~。そのための資料を集めるのを、手伝っていただけないでしょうかぁ~?」

ああ、なるほど。とカズマは納得した。

このイシャナ島は『魔道協会』という、どの国にも属さない組織が管理する都市だ。
『魔道協会』とは、この世界の裏舞台で脈々と受け継がれてきた『魔術』を管理し、その使い手を育て、またその技術でもって世界の礎を支え続ける人員の集まりである。
協会には最大十人の選ばれた魔術師たちが存在し、彼らが魔道協会の最高峰の意思決定機関となる。
それがすなわち『十聖』。
その特別な地位に、今度新たにひとり加わることになった。
十聖は現在八人。九人目の十聖として、列聖式に立つことになったのは、カズマやトリニティと同じくまだ学生の、少女だった。

「確かに……トリニティさんはこれ以上ない適任ですね」
「大役を仰せつかってしまいましたぁ」
嬉しそうにトリニティが笑う。
式典で使われる法衣は、特殊な錬金術で編む必要がある。
トリニティはこう見えて、魔道協会が管理する学園でも並ぶ者のない錬金術の使い手だ。彼女の手にかかれば、誰もが認める立派な法衣が出来上がるに違いない。

「それで、いかがでしょう? お手伝いしていただけますか~?」
「え、あ、いや、その。別にそれはいいんですけど……なんで僕に?」
大きな瞳に真摯な色を灯して、トリニティが見上げてくる。
その真っ直ぐな眼差しにたじろぎながら、カズマは戸惑いを返す。
地味で陰気で友達もいないカズマと違って、トリニティは人当たりもよく誰にでも優しい。喜んで手伝うような友人はいくらでもいるだろう。

カズマの疑問に、トリニティは少し悪戯っぽく肩を持ち上げてみせた。

「それは……実は、ですね」

――イシャナ、魔道協会内。
『大図書館』と呼ばれる建物は、魔道協会職員ですら許可証がなければ書の閲覧はもちろん、立ち入りも許されていない特別領域だった。
窓は極端に少なく、書を保管している部屋にはひとつもない。けれど室内は魔法の明かりに照らされていて、薄暗さや陰鬱さとは程遠い。
古めかしい木の本棚が整然と並ぶ大図書館の、中央部にある大きな机に錬金術関連の本を数冊積みながら、カズマは初めて踏み入った知識の宝庫をぐるりと見回した。もうこれで何度目になるだろう、繰り返した高揚のため息をまたも吐き出す。

「すごい、本当にすごい……! こんなに……ここにあるのが全部、魔道協会の保存書物だなんて」

蓄えられている知識は膨大だ。世界の歴史と可能性の全てと言ってもいい。
だがそれを閲覧するのは容易ではない。
カズマは何度か、ここの書物の閲覧を申請したことがあった。知りたいことがあったのだ。
だが許可が下りたことは一度もない。申請理由を明確に書けなかったせいだろう。
けれど十聖の法衣作成のためならば事情が違う。十聖の列聖式とは、それだけ魔道協会において重大な式典なのだ。

分厚い本を重たそうに机の上に置いて、トリニティがまた悪戯っぽい笑みを浮かべる。
「カズマさんが前に、ここの閲覧許可が下りないって言っていたのを思い出しまして~。どうせならご一緒にどうかなと、思ったんですぅ」
「覚えてたんですか? ……いや、わざわざありがとうございます。でもあの、関係ない本を勝手に読むのは、まずいのでは?」
「資料を探す中で、関係のない本を手に取ってしまうこともありますよ。だから……ちょっとだけ、です」

親指と人差し指で小さな隙間を作ってみせるトリニティの仕草に、カズマはへらっと力なく笑みを返した。
成績優秀、品行方正な優等生の彼女が時々見せるこういう一面には、毎度驚かされる。

「じゃあ、お言葉に甘えて……あとで少し。まずはトリニティさんのお手伝いからで」
どうせ個人的な調べものだ。カズマは椅子に座って、最初の本を開いた。
トリニティも正面の席で本を開き、目的の情報が乗っている箇所を探し始める。

しばらくはふたりのページをめくる音だけが聞こえていた。